スカイツリービューポイント「北十間川」

北十間川は、隅田川から分かれて東へと延び、亀戸の北端を通過して旧中川とつながる、およそ3.2kmの小さな川です。江戸時代に運河として開削され、川幅が10間(約18m)で、本所の北を流れていることから北十間川と呼ばれました。この川には西から、枕橋、源森橋、小梅橋、東武橋、京成橋、西十間橋、十間橋、境橋、福神橋、小原橋、新小原橋と、数々の橋が古くから架けられています。現在、川の両岸には遊歩道も整備され、橋や遊歩道からは東京スカイツリーが臨めます。香取神社のすぐ北にある福神橋や、天祖神社の北側にある柳島歩道橋は絶好のビューポイント。さらにスカイツリーが目前に見える西十間橋や京成橋からの眺めもおすすめです。

SPOT006

      <福神橋>

spot8-1

   <境橋>

SPOT007   

      <柳島歩道橋>

SPOT008

   <十間橋>

 SPOT009

    <西十間橋>