亀戸香取神社

亀戸香取神社は、江東区亀戸にある香取神社です。亀戸香取神社は、藤原鎌足が東国下向の時に勧請したとも、応安4年(1371)鎮座とも伝えられます。亀戸七福神の大国神、恵比寿神としても知られています。

???????????????????????????????

     <香取神社本殿>

SPOT001

  <大国神と恵比寿神が興した井戸>

■亀戸大根

江戸時代に香取神社周辺で栽培され始めたという「亀戸大根」は、日本一小さいダイコンで約30cmの長さです。葉もおひたしなどでおいしくいただけます。「お多福大根」とか「おかめ大根」とも呼ばれています。荒川水系によってつくられた肥沃な亀戸の大地は、農業に適していました。住宅化が進んだ今の亀戸では、「亀戸大根」もめったに見られなくなってしまいましたが、かつて農村だった亀戸の姿を思い起こさせる地域シンボルです。

SPOT024-2

   <亀戸大根之碑>